美星天文台のトップへ戻る
◆天文現象・観測成果 ◆星のデータベース ◆公募観測の成果

小惑星 2012 TC4 の観測に成功

概要
 2017年10月11日午後8時過ぎ、美星天文台の口径101cm望遠鏡で小惑星 2012 TC4 の観測に成功しました。 この小惑星は直径が13mから29mと推定され(参照:http://www.spaceguard.or.jp/ja/jsga/K12T04C.html)、最接近時は地球まで約5万kmに接近することから、世界各地の観測施設の望遠鏡が向けられました。

画像
 観測は2017年10月11日に、美星天文台の口径101cm望遠鏡に冷却CCDカメラを取り付けて行いました。
 午後8時9分36秒から連続撮影した23枚の画像を重ね合わせてアニメーションにしています。 画像1枚あたりの露出時間は10秒、Rバンドフィルターを使用しています。F6で、視野の広さは1°の約4分の1(満月の直径の約2分の1)です。
 小惑星を追いかけるように望遠鏡を駆動していますので、画像の中央付近に小惑星が留まり、周囲の恒星が動いて見えています。 観測時の小惑星までの距離はおよそ45万km、やや雲が多い天気でした。
img01


美星天文台
Copyright(C) Bisei Astronomical Observatory 2003 All Rights Reserved.
★☆★☆★☆★☆★
天文台のトップページへ戻る