101cm望遠鏡

美星天文台のメイン望遠鏡である「101cm望遠鏡」は、鏡の直径が101cmある大型の望遠鏡です。101cm望遠鏡では、職員が望遠鏡を操作して、天体の解説を行います。季節、天候によっても変わりますが、月や惑星、明るい一等星、二重星、星団、星雲などの天体から、その時間で見えやすい天体をご案内します。

優先チケットシステム

現在は新型コロナウイルス感染症防止のため、1組ずつ消毒を実施しながら順番にご案内します。

ご案内の順番では、「優先チケット」をお持ちの方から順にご案内します。101cm望遠鏡での観望をご希望されるかたは、事前に本チケットをご取得いただくことを推奨します。なお、優先チケットをお持ちでない場合、館内の混雑状況によっては101cm望遠鏡での観望ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。

受付では、優先チケットご提示と引き換えに、整理券番号を配布します。館内(ロビー、2階廊下、観望デッキ)に設置したモニターで、整理券番号をお呼びします。呼ばれましたら、101cm望遠鏡のあるドーム建物内へお進みください。

館内101cm望遠鏡 番号呼び出しモニター 呼び出し例