公募観測/操作資格講習会

公募観測

 美星天文台は、アマチュア天文家の育成と活動支援も重要な目的としています。そのために、101cm望遠鏡の夜間貸し出しをおこなっています。これまでに、

  • 大口径101cm望遠鏡での迫力ある天体の観望会
  • 冷却CCDによる撮像観測や分光観測の勉強
  • 写真や冷却CCDによる撮像観測
  • 銀河の赤方偏移の測定など、自分でテーマを決めた観測
  • 学校教育教材作成用観測
  • 研究的観測

などの様々な用途に使われています。 101cmの望遠鏡を使用するには、操作資格を取得する必要があります(操作資格については本ページ下部をご覧ください)。公募観測は年3回(4月~7月、8月~11月、12月~3月)の期間に分けて実施します。各期間の2カ月前~1か月前に募集を行います。募集期間終了後、応募書類の審査が行われ、観測が採択されるか決定します。例)4月~7月の第1期公募観測は2月上旬に募集を開始、3月上旬に募集締切、応募者に審査結果を案内。4月から第1期公募観測スタート

2020年第1期(2020年4月-8月)

2019年第3期(2020年1月-3月)

2019年第2期(2019年9月-12月)

過去の観測(2019年8月以前)

2020年度1期の公募観測募集

現在、2020年度第二期(2020年9月~2020年12月)の公募観測を募集しています。詳しくはこちらから。

2020年第1期の公募観測の結果はこちらから確認できます。

公募観測が決まった方へ

使用許可申請書類(ExcelまたはPDF)へ必要事項を記載のうえ、観測日の2週間前までには美星天文台へ提出してくだい。

操作資格講習会

資格を取得すると、公募観測へご応募いただけます。 操作資格は、毎年9月(予定)に美星天文台で行われる操作講習会を修了し、試験に合格するか、それと同等以上の知識と技術があると認定されることが必要です。操作資格講習会の受講資格は、口径20cm程度以上の望遠鏡を使いこなしていて、赤道儀の仕組みなどを理解している成人であることです。 講習会の日程は、8月頃にアナウンスします。 2019年度の操作講習会の詳細はこちらからご確認ください。