夏休み期間中の夜間観望会について

重要事項

  • 場内最大50名の入場制限を実施しています。受付前に1時間以上お待ちいただいています。
  • 観望会開始は、空が十分暗くなる20時頃です。
  • 館内は一方通行となっております。
  • 101cm望遠鏡、双眼鏡での観察天体は1人1天体となっております。

夜間開館時の誘導について

天文台建物の外に設置されたテントにて、受付をお済ませください。 受付では、連絡先のご記入(新型コロナウイルス感染症拡大防止策)と、入館料のお支払いが必要です。 館内が密集した状態となることをさけるため、入場制限(50名)を実施しております。 受付前で1時間以上お待ちいただいております(来館者数、天候によってはさらにお待ちいただくこともあります)。前後の方と十分に間隔をあけてお待ちください。

入場以降は、館内の案内表示および職員の誘導に従ってお進みください。 場内は一方通行の場所がございます。 周囲の方と十分に間隔をあけて、一定の場所に長時間留まることがないよう、お気をつけください。

101cm望遠鏡は、1組ずつご案内いたしております。 職員が望遠鏡を操作し、1人1つの天体を観察いただけます。天体はその日の天候などによって変わりますが、土星や木星、明るい一等星などになります。 101cm望遠鏡でご覧になれるのは、1天体のみとなっております。どうぞご了承ください。

大型双眼鏡でも星をご覧になれます。職員が操作して、1人1つの天体を観察いただけます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止策について

入場制限、咳エチケットの励行、アルコール消毒の実施などを行っております。詳しくはこちらからご確認ください。