夜間観望会

 晴れた夜は、専門職員が操作する101cm望遠鏡で、季節の天体を見ていただけます。 観望会では、月、木星、土星や火星、ベガやベテルギウスなどの一等星、星団、星雲、銀河などから、その日の季節、天候に適した天体へ順次、望遠鏡を向けていきます。混雑具合にもよりますが、通常期ですと30分程度を目安に天体を切り替えています。また、101cm望遠鏡ドームの外にあるベランダでは、大型双眼鏡による星空案内や、ボランティアスタッフによる星座解説などを実施しております。101cm望遠鏡やベランダを自由に行き来していただいて、星空を散策いただけます。開館時間はこちらをご覧ください

連休中などの対応について

たくさんの来館者が見込まれる連休中などの夜間観望会は、こちらをご参考にしてください。

夜間、天候が悪い時

雨や、厚い雲に覆われている日などで、望遠鏡による観測が実施できない際は、4D2Uを使った最新の宇宙の紹介映像上映・解説を随時実施しております。天候に関するお問い合わせを多数いただいておりますが、天候の予測は極めて困難です。お問い合わせいただきましても、観望会実施可否に関しましてはお答えできませんので、予めご了承いただけますと幸いです。なお美星天文台屋上に、リアルタイムのお天気カメラも設置いたしております。気象庁の予報と合わせまして、ご活用いただけますと幸いです。